システム運用サービス

システム運用

●システム障害の予防や復旧対応
●ハードウェア機器メンテナンス
●リソース状況の確認、OSのバージョンアップ
●ログ管理

システムの監視

●サービスの監視  URL応答監視や画面遷移監視
●インフラの監視  ハードウェア監視、リソース監視、プロセス監視、ログ監視

●OSユーザアカウント追加・削除、Windows Update対応、yum update対応
●サーバー定期再起動
●仮想マシンの作成
●ファイアウォール(FW)ポリシー追加作業
●FW/NAT追加作業
●SSL証明書インストール/更新、ゲストOS設定変更
●ゲストOSのSnapShot取得
●ユーザアカウントのパスワード定期更新作業
●ロードバランサ設定
●DNS設定変更

2次サービス

●ベンダーコントロール
●オンサイト対応
●障害原因調査・復旧等

アラートサービス

●カレンダー・スケジュール管理サイトで、入力しておいた予定の日時が迫ってきたときに、自動的にメッセージを表示するサービス
●システム監視サービスにおいては、ユーザーのシステムや監視ツールからのアラートを、監視センターにて代行受信、ユーザーが必要なアラートを電話やメール等で連絡
●ログ監視では、キーワードによるフィルタリングを行い、大量に発生するログアラートから、必要なアラートのみに絞り込み、運用管理者の負担を軽減するサービス

セキュリティインシデント

●ウイルス感染や不正アクセス、アカウントの乗っ取り、Webサイトの改ざん、情報漏えい、迷惑メール送信、サービス拒否攻撃(DoS攻撃)等の障害対応

●障害一次対応 発生した障害に対して、障害の原因を解決するために、システムのどの部分で問題が発生しているのかを究明
●障害二次対応 障害の切り分けおよび、手順化されていないハードウェア、ミドルウェア、OSなどの復旧作業を実施また、ベンダーエスカレーション、リモート対応、現地においてのオンサイト対応等